健康食品・化粧品・施術のエビデンス取得試験

肌エビデンス試験風景

化粧品

右半顔を試験品塗布・左半顔群を無塗布群または両顔で試験塗布群と無塗布群で6週間塗布し、それぞれの群を0週・6週で客観評価(測定)と主観評価(アンケート)を行い、塗布群と無塗布群の比較を行う。被験者数は15~30名。

健康食品

試験品群とプラセボ群を同じ条件で6~12週間摂取し、それぞれの群を0週・6週~12週で客観評価(測定)と主観評価(アンケート)を行い、摂取開始前と摂取開始後の比較、試験品とプラセボの比較を行う。被験者数は30~50名。

施術

施術前と施術後の比較試験。1日で終了の単回試験。顔のマッサージ・整体など。それぞれの群を客観評価(測定)と主観評価(アンケート)を行い、施術前と施術後の比較試験を行う。被験者数は15~30名。

美容機器

使用群と未使用群を同じ条件で4~6週間使用し、それぞれの群を0週・4~6週で客観評価(測定)と主観評価(アンケート)を行い、施術前と施術後の比較試験を行う。被験者数は15~30名。

使用感調査

使用群と未使用群を同じ条件で単回~6週間使用し、それぞれの群を単回は使用前・使用後比較、0週・~6週の比較で主観評価(アンケート)を行う。被験者数は15~30名。